秋の授業見学(17日目その2)

続いて、2時間目も、2年生の「現代文」の授業を見せてもらいました。

教材は、やはり「こころ」。

3人の生徒が、本文の音読を行った後、このクラスは、1時間目のクラスより少し前の、

「K」が「お嬢さん」に対する恋を打ち明けるまでの、Kの心情を本文中に書かれた内容から読み取っていきました。

さらに、いつもは「精進一筋」「女性は眼中にない」ようなKが、なぜ打ち明けたのかを考えることになり、

教員の質問:「このときのKの気持ちはどのようなものだったと、想像できるか。」

(これは、本文にはないので、推測して自分の意見を述べることになります。)

生徒の回答:「私」に相談したかったから。

        打ち明けないと、自分がおかしくなりそうだったから。

        黙っていたら、「私」に悪いと思ったから。

などの、回答がありました。教員が模範解答を示した後、最後の生徒の回答を受けて、さらに、

教員の質問:「それでは、Kは、私のお嬢さんに対する気持ちを知っていたのか。」

生徒たちの回答(YES、NO):「知っていた」と「知らなかった」が半々

となりました。私の不確かな記憶では、この答えは、本文を読み進むにつれ、明らかになっていくものと思います。

このクラスも、生徒たちは、全員しっかりと考えて、答えることができていました。

6DSC00540.JPG6DSC00545.JPG6DSC00548.JPG

カレンダー

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31