調理実習(防災クッキング)

1年生が家庭科の授業で調理実習をしています。コロナウイルス対策のため、いつもしているような実習ができません。そこで、防災クッキングをすることになりました。

 

ふだんの調理実習とは違います。調理台には、ビニール袋と個別に準備された食材が並んでいます。包丁がないという想定で調理を行います。

まず、念入りに手を洗います。あたりまえですが、何度も何度も洗っています。

 

調理実習が災害時でもできるように工夫されています。一人ひとりがビニール袋の中に材料を手でちぎって入れています。計量スプーンも個人別です。ビニール袋をもんでいます。

かやくごはんと玉子焼きができました。食事をする時には、ビニール袋でつくった手作りのパーテーションで飛沫を防ぎます。とても美味しい!と食べていました。みんなとても幸せそうでした。

コロナのなかでも、こんなふうに工夫すれば、学校のなかでいろいろとできるものだと分かりました。

カレンダー

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30