演劇鑑賞を行いました

今日午後から、大東市のサーティホールで、文化行事として演劇鑑賞を行いました。

劇団往来の音楽劇「赤いハートと蒼い月」を鑑賞しました。

「赤いハートがあれば、私にだって蒼い月が見える。

 月に手が届かなくても、月に手を伸ばすことを忘れてはならない。だから私は諦めない!」

視覚障害というハンディにも負けず孤軍奮闘、中国天津で日本語学校を設立し、

現在はアジア視覚障害教育協会会長として、日中間において視覚障害者の留学支援活動を続けておられる

青木陽子さんをモデルとして描かれた作品で、

2007年「大阪春の演劇まつり」において、「企画賞・舞台美術賞」を受賞されました。

天津胡同(フートン)の共同住宅「四合院」を再現した舞台セットや、情感あるオリジナル音楽はとてもすばらしく、

障害や国を越え、夢と希望、そして友情に固く結ばれていく仲間たちを温かく描いていました。

そして自分たちの中の可能性と、生きることへの勇気と希望を与えてくれました。

学校からサーティホールまで、多くの生徒は自転車で行くのですが、

その行く道のポイントに、教員が立ち、自転車指導を行いました。

カレンダー

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31